貸会議室や賃貸オフィスは管理会社にお任せ|ラクラクオフィス

オフィス

住居と事務所

住居用マンションを貸事務所として使う場合の注意点

ビル

今では住居用のマンションが貸事務所として使用可の物件も見られるようになりました。主に小規模の事業を立ち上げるときに利用する人が多いかと思われますが、このような貸事務所可の物件については注意が必要です。というのも事業内容によっては貸事務所として利用することが不可になる場合があるからです。 それは不特定の人間が出入りするような業種は不可になることが多いです。 例えば、デザイナーや行政書士や税理士のような事業では事務所に顧客を呼ぶことはあまりないので貸事務所として借りることは出来るようです。 しかしながらエステやネイルサロンのように不特定の人が出入りするな事業では近隣の住民からクレームがついたり、トラブルになったりする可能性があるので敬遠される傾向があるようです。

住居用マンションを事務所として借りるときに知っておいたほうが良いこと

住居用のマンションを貸事務所として借りることが出来る物件は近年増えてきました。上記で述べたように不特定の人間が出入りするような事業では敬遠される傾向があります。 またもう一つ知っておくと良い情報としては事務所としてだけ利用する場合も敬遠される傾向があるようです。 その理由は防犯面にあるようです。住居と事務所を兼用している場合では夜間もその物件にいることが多いですが、事務所としてのみ利用する場合は夜間はその物件をあけることが多くなります。すると空き巣などの被害にあうリスクが高くなってしまいます。もし空き巣に入られてしまったら他の入居者に不安を与えてしまいます。場合によっては退去してしまう可能性もあり空室のリスクがたかってしまうのです。