貸会議室や賃貸オフィスは管理会社にお任せ|ラクラクオフィス

オフィス

店舗不動産を見つける

店舗不動産の調達について

スーツ

これから店舗経営を始めようとする際、まず必要になるのが、店舗不動産の調達です。どのような店舗を経営するにしても、その拠点となる場所を確保しなければ、お話にならないからです。自前の不動産を所有するのは、便利ではありますが、費用がかかりすぎます。その分の費用は、開店準備などの充実にあてるべきです。そこで、基本的には、商業地域の賃貸不動産を借りることになります。商業地域では、店舗経営を想定して、テナント用に貸し出している物件があるので、これを賃貸するわけです。これにより、初期費用を圧縮することができるのです。テナント物件の多くは、雑居ビルやマンションの一階部分などであり、その賃貸人は、ビルやマンションの所有者ということになります。

店舗不動産の業態について

賃貸用のテナント物件については、その賃貸人、あるいは仲介人との契約を行うことになりますが、あくまでも特定の物件を対象とした契約となります。テナント物件には、立地など特有の条件があり、これから経営を始める店舗の特性とマッチしているかは、具体的には営業を開始してみないとわかりません。特性がマッチしない場合には、店舗を移転することも選択肢の一つですが、そうなると、物件探しや契約を一から始める必要があります。この点、賃貸人が、はじめから複数の物件を所有し、店舗移転についても、契約に織り込んであれば、手間を省くことができます。賃貸業者からも、このようなサービスを提供して、顧客を囲い込む動きも出ているのでです。